貸し会議室はなぜ活用されているのか?

貸し会議室はどうして増えているのか

最近では、貸し会議室が増加してきています。

 

なぜなら、テナントとして賃貸活用するよりも
貸し会議室として時間で貸しだす方が収益が2倍高くなる事が分かったからです。
 

 

またビルを建築する際に貸し会議室を設けると、
貸し会議室は不特定多数の人が利用する公共スペースとして扱われます。

 

すると、貸し会議室には容積率の緩和が適用されるので
ビルの延べ床面積を増やす事につながります。

 

つまり、貸し会議室を設ける事で
より利益の上がりやすい高層ビルを建築する事ができます。

 

容積率とは、敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合です。
建築基準法では、
指定容積率を上回る延べ床面積の建物を建ててはならないという規則があります。

 

つまり、同じビルでも貸し会議室を作る事でビルの延べ床面積を広く取れるので、
ビルの高層化が可能となり収益率を大きくする事ができます。

 

企業は自社内の大きな会議室や応接室を削る傾向にありますし、
会議室では社内の人間だけの会議のみをおこなう傾向があります。

 

なぜなら、経費削減や情報管理の徹底をおこなう為です。

 

外部からの人間を招く会議は自社のセキュリティー管理も難しくなりますし、
社員が雑務などに時間をさかれる事にもつながります。
その手間は、通常業務に支障をきたす場合もあります。

 

外部施設の貸し会議室の利用は、それらの心配もありませんし
会場準備の手配をすべてまかせる事もできます。

 

現在では、多くの貸し会議室で会議の情報が漏れないように配慮されています。

 

そのような理由から、多くの企業が大人数の会議や社外の方との会議、ミーティングなどに
貸し会議室を利用されています。

貸し会議室を作るメリットや使うメリット

建てられるビルの目的にもよりますが、
ビルを建てる際にオーナーの方が気にされるのは利益が上がるビルであるかだと思います。

 

昔から、自社ビルの1部をテナントとして賃貸活用されているオーナーの方は多かったです。

 

しかし、不況や立地の問題でテナントがうまらないと
利益を確保する事が難しくなります。

 

そこで注目されているのが、貸し会議室です。

 

つまり、時間制で部屋を貸し出して利益を確保します。

 

実は最近では、貸事務所として賃貸契約するよりも
時間貸しで会議室を利用した方が収益が2倍高くなる事が判明しました。

 

しかも、ビルを建設する際に貸し会議室を作ると容積率が緩和される特典があります。

 

つまり、同じ敷地面積に建てる事ができるビルの延べ床面積が増加します。

 

すると、フロア数が多くなりより収益があがる高層ビルを建てる事ができます。

 

貸し会議室は、ビルを建設する際にも建てた後で利益をあげる際にも有効に働きます。

 

貸し会議室は不況の際にも利用者はありますし、
立地が悪いビルでも宿泊施設と提携し
備品やサービスを充実させる事でニーズは高まります。

 

また、名前こそ貸し会議室と言われていますが利用方法はさまざまあります。
その為、一般の方や企業が会議目的以外で利用される事が多くなっています。

 

例えば、趣味の陶芸や絵画などの展示会や自主製作の映画発表会などです。
また、カルチャースクールやセミナーなどの開催会場としても
貸し会議室は利用されています。

 

それにともない、貸し会議室の設備も変化してきています。

 

例えば、座って利用できたり、照明や空調管理が可能であったり、
防音設備をそなえてあったりします。

 

それぞれの目的に合わせて、立地や設備から貸し会議室を選ぶ事ができるので
大変便利になっています。

 

 

更新履歴